会社情報

会社概要

会社名 株式会社 パレオ・ラボ
設立 昭和61年10月 (1986年10月)
代表者 代表取締役 中村賢太郎
資本金 7,400万円
株主総数 17名
本社 335-0016 埼玉県戸田市下前1-13-22ビコーズ戸田III1F
東海支店 501-6264 岐阜県羽島市小熊町島5-63アルビアル羽島1F
大阪営業所 564-0073 大阪府吹田市山手町2丁目8-46
AMS年代測定施設 376-0144 群馬県桐生市黒保根町下田沢1900-65
従業員数 技術25名(内学位取得者3名)、事務1名
顧問・
アドバイザー
小林紘一、遠藤邦彦、鈴木 茂、中村 俊夫
部署名 分析調査研究部、年代測定研究部、考古分析支援部、技術開発部
取引銀行 日本政策金融公庫岐阜支店(中小企業事業) 、大垣共立銀行羽島支店、埼玉りそな銀行戸田支店、三菱東京UFJ銀行岐阜支店、、岐阜信用金庫羽島支店、横浜銀行新宿支店
加入学会・
団体(個人加入含)
日本第四紀学会、日本文化財科学会、日本植生史学会、日本珪藻学会、日本生態学会、日本地質学会、日本考古学協会、日本文化財保護協会、AMS研究協会、応用斜面工学研究会、日本動物考古学会
取引先 都道府県・市町村各教育委員会および関連機関、地質・環境関連機関およびコンサルタント会社、遺跡調査会社、大学など

沿革

1986年10月 資本金250万円で設立 本社を東京都世田谷区給田3丁目31番10号に設置
1987年 5月 資本金750万円に増資 本社を埼玉県戸田市下前2丁目3番2号に移転
1992年 6月 本社を埼玉県戸田市下前1丁目13番22号に移転
1992年 6月 東海支店を羽島市福寿町浅平2丁目26番地に開設
1994年12月 資本金1000万円に増資
1994年12月 東海支店を岐阜県羽島市小熊町島5丁目63番地に移転
2003年12月 資本金6000万円に増資
2004年 5月 北海道営業所を札幌市豊平区月寒東2条16丁目1-92に開設
2004年10月 AMS年代測定施設を群馬県黒保根村下田沢1900-65に開設(現桐生市黒保根町)
2007年 4月 資本金を6400万円に増資
2013年10月 資本金を7400万円に増資
2018年 4月 大阪営業所を大阪府吹田市山手町2丁目8-46に開設

主な分析機器等導入の経過

1989年 1月 (株)夏原技研製の残留磁化測定システムの導入
1991年 4月 セイコーインスツルメンツ(株)製のエネルギー分散型蛍光X線分析装置の導入
1995年12月 気体計数法による自社製年代測定システムの始動
1996年 5月 理学電機(株)製の波長分散型蛍光X線分析装置の導入
1998年 4月 理学電機(株)製のX線回折装置の導入
1999年10月 AMS法による年代測定のグラファイト精製業務の開始
2000年 1月 日本分光(株)製の顕微型赤外分光光度計の導入
2001年12月 東邦地下工機株式会社製 ボーリングマシーン
2002年11月 スペクトリス(株)PANalytical製の波長分散型蛍光X線分析装置の導入
2003年 2月 (株)堀場製作所製のX線分析顕微鏡の導入
2004年10月 米国NEC社製 AMS年代測定装置(コンパクトAMS)・PIXE元素分析装置の導入
2006年 7月 日本電子(株)製のEDS分析装置付属SEMの導入
2010年 1月 (株)キーエンス製の走査型電子顕微鏡の導入
2011年 4月 エスアイアイ・ナノテクノロジー(株)製のエネルギー分散型蛍光X線分析装置(SEA1200VX)の導入
2013年12月 14C濃度測定用試料精製システム(有限会社 光信理化学製作所製)導入
2014年12月 株式会社セロリ製 自走式ボーリングマシーン
2016年 9月 (株)リガク製のX線回折装置の更新
2017年 6月 株式会社堀場製作所製 散乱式粒子径分布測定装置
2017年 7月 株式会社キーエンス製 超深度マルチアングルレンズ
2017年12月 OXFORD INSTRUMENTS製 EDSシステム

業務提携

Antique Authentication Limited

アジア(日本・韓国を除く)における骨董品の放射性炭素年代測定

Saram International Co.,Ltd.

韓国における遺跡の自然科学分析