TOP > 業務案内 > 年代測定および推定法 > 加速器質量分析法(AMS法)

業務案内

放射性炭素年代測定[加速器質量分析法(AMS法)]

キーワード

放射性炭素(14C)年代測定・AMS法・微量試料・同位体分別効果の補正・暦年代較正

 

●概要

14C年代測定は、遺跡の年代推定を目的とします。AMS法による年代測定は、微量の試料で誤差の小さい測定が可能であることから、適用範囲が広くなります。

●対象試料

試料は、土器付着物(煤・煮こぼれ・内容物)、炭化米などの種子類、動物遺体(特に歯)、貝殻などです。 状態が良い場合には、炭化米1個体程度(約7mg)、木材片1.0×1.0×厚さ0.2cm以上で測定が可能です。なお、AMS法では約5万年前までの試 料を測定することが可能です。

●方法

試料中の不純物を除去するための前処理(酸・アルカリ・酸処理;AAA処理)を行った後、二酸化炭素(CO2)を回収し、グラファイト(高純度の炭素)を生成します。生成したグラファイトを加速器質量分析計にセットして14Cを測定します。

測定した結果から14Cの半減期(リビーの半減期:5,568年)を用いて年代値を算出します。

炭素は質量の異なる12C、13C、14Cの3種類がありますが、これら炭素は植物と動物、あるいはその種類によって体内に取り込む濃度が異なります(これを同位体分別効果と呼ぶ)。したがって、14C年代値は、この同位体分別効果の補正を行う必要があります。

さらに、大気中の14C濃度は、過去一定ではなく経年変化があることなどから、年代値を較正する必要があります。年代値の較正(暦年代較正)は、較正プログラム(OxCal4.1など)を用いて行います。

●測定試料の選択とその意味

年代値は、測定する試料の種類により意味が異なります。たとえば、木材は複数年輪をもち最外年輪が枯死または伐採年を示し、種子類の多くは一年生である場合が多く、その年代値は結実し落下もしくは採集された年代を示します。

また、土器付着物は、胴部の付着物は煮炊きした燃料材起源の煤類が主体であり、口縁部の付着物は煮炊きの際の内容物ふきこぼれであると考えられます。なお、煮炊き内容物が海産物である場合には、年代値が数百年古い年代を示す場合があります(海洋リザーバー効果による)。

年代測定は、上記の試料の種類のほか、試料の保管状態や採取の仕方により思わぬ年代値が出る場合 があります。たとえば、試料を脱脂綿や紙に包んで保管した場合、これらの繊維を取りきれず新しい年代が得られることがあります。また、土器胎土に使用した 粘土が古い地層の粘土である場合が多く、胎土の一部が混入することで古い年代が得られることもあります。

 

さらに詳しく知りたい方はこちらから

年代値の補正および暦年代への較正(2010年12月改訂)

試料の種類毎の前処理について

訪問記(弊社東海支店/AMS年代測定施設)  日本アイソトープ協会「IsotopeNews2006年2月号より抜粋」

 

AMS年代測定をご依頼される方は、AMS年代測定試料データシート PDF形式 または MS-Word形式 )をダウンロードしてご利用下さい。

 

 

樹木の部位

 

甕付着物
 

樹木の部位による年代の違い

 

AMS 土器断面
甕付着物の年代測定対象試料(S字甕) 土器断面の中黒層
(有機粘土質の痕跡)