TOP > 業務案内 > 年代測定および推定法

業務案内

年代測定および推定法

放射性炭素年代測定は土器内食物残渣・外側付着スス類、穀類および種実、人骨、獣骨類などのものの年代であり、AMS法により 試料調整後の炭素量約1mg (状態の良い炭化米1個分)で測定できます。その他では、残留磁化測定や火山灰同定による年代推定もあります。これらは「目的にあった方法でいかに測定するか」という自然科学的なセンスが必要です。

 

 

●放射性炭素年代測定 14Cのウイグルマッチング法
●放射性炭素年代測定 加速器質量分析法(AMS法)
●地磁気残留磁化測定 焼成および堆積年代推定
●火山灰同定 ガラス・重鉱物の屈折率測定